専門的な知識と業界経験がある翻訳家に任せる

法律的なことや医学的なことが書かれている文章

webサイトに書かれている日本語を外国語に、あるいは外国語を日本語にする場合、だいたいの意味を知りたい、または相手に伝えたいというのであればネット上の翻訳サービスを使えば十分というケースもあります。特に使われている言葉が簡単であれば、翻訳がうまくいかずにトラブルになるというケースはあまりないでしょう。ただ、専門性の高いコンテンツの翻訳は知識と経験が豊富な翻訳家に任せた方が安全です。具体的にいうと、医学的なことが書かれている文章と法律的なことが書かれている文章は人命や会社の信用などがかかわり、翻訳に失敗してしまうと大きなトラブルにつながるケースがあるので専門性のある人に訳してもらった方がいいでしょう。

特異な文化について書かれた文章も専門家に任せる

若者文化について書かれた文章も専門家に訳してもらうのが安心です。というのは、こうした文章にはスラングが使われていることが多いからです。たとえば、アメリカの若者の間で使われているスラングを日本語に直訳すると、意味は通じますが文章の意にはそぐわないということになりがちです。 日本語であれば、「やばい」という言葉は普通に捉えると「不都合なことが起きた」といった意味になりますが、若者が使う場合は「すごくいい」という意味になることもあります。意味としては真逆に近く、普通に訳してしまうと訳文を読んだ人に混乱を生じさせてしまう可能性が高いでしょう。翻訳家はプロフィールに精通しているジャンルを書くことが多いので、それを参考にすればうまく翻訳してくれる人を探せるはずです。